ブログ記事一覧は→こちら

日々の施術画像と日常はインスタグラム


メヘンディ・ブート・キャンプ東京/終了いたしました!

先週土曜日は、東京で「メヘンディ・ブート・キャンプ」が開催されました。


名古屋のスズケーさん、滋賀のちえこさん、兵庫のタラの三人が、一日みっちり、メヘンディの基礎をお伝えするというワークショップです。前回は名古屋で開催され好評いただいたこの講座、今回は東京での実施となりました!


私の講座では、「メヘンディの基礎」として、ペーストづくり、コーンづくり、知識面などをお伝えいたしました。


また、テキストに書いていないことについても、たくさんのご質問がありました。この質問コーナーも、かなり濃い内容だったんじゃないかなあと思います。


しかし途中、こちらの不手際があり、ドタバタアタフタとしてしまうところがありまして、申し訳ありませんでした!

けれど、この講座で新しい技術や知識を持ち帰っていただけたかと思います。


また、生徒さんみんな、隣り合った方とペーストの硬さやコーンの巻き具合などを比べてみたり、和気あいあいとした時間を楽しんでいただけたでしょうか。

 

ご参加いただき、ほんとうにありがとうございました!

 

☆下のメヘンディ/ジャグア画像は、ワークショップ後に施術を受けてくださった生徒さん!右手にジャグアを、左手にメヘンディを。


施術受付 in 東京 3/17(土)!

3/17(土)18:00~19:20(最終受付)

施術可能です!

※ 女性限定(女性自認の全ての方、FtXの方含む)

※同室で滋賀のアーティスト「ちえこ」さんの施術も行われますので、場合によっては男性のお客さまが同室する可能性があります

 

Mehndi TARAが東京で施術する機会は、なかなかありません。この機会に是非どうぞ!

<日時>
2018/3/17(土)18:00~19:20(最終受付/19:50終了  )

時間が限られているので、ご予約はお早めにどうぞ。

<場所>
東京・神田駅/新日本橋駅付近(住所はご予約確定後にお知らせいたします)

<予約>
ヘナタトゥー(橙色)とジャグアタトゥー(紺色)どちらも施術可能です。
ご予約は<こちらのフォーム>からどうぞ。

<その他>

日中に開催される講座「メヘンディ・ブート・キャンプ」のお申込みは<こちら!

 


メヘンディ・ブート・キャンプ3/17(土) in 東京

ワークショップです!私も講師を務めます!

 

前回、名古屋で開催して大好評だった「メヘンディ・ブート・キャンプ」が東京で開催されます!

今回も、名古屋のスズケーさん、滋賀のちえこさん、兵庫のTARAの三人が、一日みっちりメヘンディの基礎をお伝えいたしますよ。

 

講座の内容、詳細は下記。

お申込みは、下記リンク先のハート*フールさんのホームページからどうぞ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【3月17日(土)/メヘンディ・ブートキャンプ@東京】
 
1)10時半〜12時半
【メヘンディ基礎講座】
講 師/TARA
参加費/6,500円 ※テキスト、当日使用するヘナ・コーン用フィルム付き
(+1,500円で、ペーストづくりにとても便利なスターターキット(ヘナパウダー3回分、漉し器、器、ヘラ)購入可能。購入希望の場合は3月5日(月)中までにご連絡ください。)
ヘナパウダーの選び方からペースト、コーンの作り方まで、メヘンディの基礎内容を学べる講座です。
なぜヘナで肌が染まるのか、安全性や注意点、アフターケアなどについてもご説明します。※描き方は含まれません
メヘンディは全く初めてという方も、この講座を受講することで、ご自身でペーストを作ってメヘンディを始めることができるようになります。
 
2)13時〜15時
【コーンを使っての基本的な描き方講座】
講 師/スズケー
参加費/6,000円 ※テキスト、コーン1本付き
メヘンディはコーンという道具を使って「絞り出しながら描く」という特殊な技法で描くアートです。
そして、綺麗なメヘンディを描くためには、このコーンの使い方に慣れることが大切です。
この講座では、コーンの持ち方からパターンを描く時の基本までを要点を押さえてみっちりお伝えします。
コーンという不慣れな道具を使って、より安定した線を引くことができるようになる講座です。
 
3)15時半〜17時半
【モチーフの描き方講座】
講 師/ちえこ
参加費/6,000円 ※テキスト、コーン1本付き
花、蓮、ペイズリー、クジャクなど、メヘンディでよく描かれる基本的なモチーフを、
より綺麗にバランスよく描くコツをお伝えします。
「こんな風に描くとモチーフが出来上がるよ」ということを丁寧にご説明するので
初心者の方でも簡単なワンポイントを自分で描けるようになりますよ!
 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■日 時/2018年3月17日(土)10:30~12:30、13:00〜15:00、15:30〜17:30
■場 所/東京・日本橋付近
(詳細はご予約確定後、お伝えします)
 
■お申し込み・お問合せ/下記フォームよりお願いします
http://www.mehndi.jp/entry/entry180317.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
自分が参加したいと思う講座を1つや2つ、単発で受講することも、
3つの講座全てをまとめて参加することも可能です。
 
ペーストの作り方などの基礎も、
他のアーティストの方法を知ることで、復習になったり新しい発見があったりもしますよ!
 
書籍などにも紹介され、現在も活動を続けている3人のアーティストのレッスンを
1日でまとめて受講できるまたとないチャンスです。
この機会にぜひ、メヘンディの基礎から実践までをじっくり学んでみてください!


11/1(水)ご連絡分より新しい料金体系になります

11月1日ご連絡分より、新しい料金体系が適用されます。

(10/31(火)23:59までのご連絡は現在の料金体系です)

ここ数年、様々なデザインのご要望が増えてきました。
インド風の模様に加え、大きいけどとてもシンプルなデザインや、英文、500円玉サイズの小さなデザインなど…
こういった、デザインの多様化に対応するため、料金設定を細分化してわかりやすくする予定です。

※施術にかかる時間=技術料として計算させていただきます

もう一つ変更点があります。

現在は、ジャグアタトゥーよりヘナタトゥーの方が若干料金がお得なのですが(ヘナのが材料費が安いため)、今回の変更よりヘナもジャグアと同料金とさせていただきます。※どちらも施術にかかる時間は同じため


11月1日になりましたら、ホームページに新しい料金表を掲載いたしますので、ご確認ください!


神戸・インディア・メーラー終了しました!

インディア・メーラー3日目・最終日、終了いたしました!

今日もたくさんの方に来ていただきまして、ありがとうございました!

 

最近メヘンディ(ヘナタトゥー)の認知度が上がってきているからか、『前からやってみたかった!』というお客さまがとても多かったように思います。インドの素敵な文化!これからも、たくさんの方に体験していただきたいです。

 

年に一度の関西での大イベント、私も存分に楽しみました(o^^o)

では来年も出店することになりましたら、またインディア・メーラーでお会いしましょう!

 

メヘンディ(ヘナタトゥー)が消えるまでの間、どうぞお楽しみください‼️

 

そして、ともに出店したAZUちゃん、ちえこさん、ありがとうございました!


インディア・メーラー ブース位置

いよいよ明日から3日間、神戸のインディア・メーラーが開催されます!
 
ブーズ位置は、図の通り。
手の平にメヘンディが描いてある看板と、「メヘンディ」と描かれたのぼりが目印です。
 
明日は15時から、土日は10時からの開始です。
 
大阪のAZUさん、滋賀のちえこさん、TARAの三人でお待ちしております!
インディアメーラー2017
 
10/7(土)15時~20時
10/8(日)10時~20時
10/9(月・祝)10時~19時
神戸「 メリケンパーク 」
兵庫県神戸市中央区波止場町2−2
 
<料金>
名刺サイズ 1000円~
※大き目のペイントも可

神戸・インディア・メーラー 料金とご予約方法のお知らせ

今週末!インディア・メーラー2017(神戸)の、料金とご予約方法のお知らせです。

 

【料金】

名刺程度のワンポイントサイズ(右の画像くらいのサイズ)・1000円〜となります。

 

見本は1000円サイズだけでなく、2000円、3000円以上のものもご用意しております!

また、ご予算に応じてアレンジも可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

 

※ヘナタトゥーのペイントのみとなります。ジャグアタトゥーのペイントはありません

ご予約方法】
予約表にお名前を記入していただき、ファミレス形式で順番にお呼びするシステムです。
※メールなどでの事前予約はできません

 

①ご予約表に、お名前、ご希望サイズ、あれば指名アーティストをご記入ください。

※アーティストの指名がない方が早くご案内できる場合があります

 

②順番が来るまで、会場内を散策していただいても、ブース前でお待ちいただいても構いません。

 

③待ち人数を目安に、時間を予測してブースにお戻りください。

※名刺サイズで1人15分ほどかかりま。名刺サイズ×お二人お待ちの場合は、30分後に戻る計算です

※その場にいらっしゃらない場合は、次の方をお呼びいたします

※大きいサイズをご希望の方がいらっしゃる場合は、時間が大幅にずれることがあります

 

ーーーーーーーーーー

 

メヘンディ関連の書籍に記載されているアーティスト3人でお出迎えいたします!イベント価格でお気軽に楽しんでいただける貴重なチャンスです!

毎年、たくさんのお客様にメヘンディを楽しんでいただいており、お昼~夕方にかけては大変込み合います。午前中が、比較的お待たせせずにご案内できますので、オススメですよ!

ーーーーーーーーーー
インディア・メーラー2017
https://www.india-mela.com/

<日時>
10/7(土)15時~20時
10/8(日)10時~20時
10/9(月・祝)10時~19時

<場所>
神戸「メリケンパーク」
兵庫県神戸市中央区波止場町2−2


神戸の「インディア・メーラー」に出店! 10/7(土)8(日)9(月・祝)

次の出店は来週末、神戸の「インディア・メーラー2017」です!

関西最大級のインドフェス、今年も三日間にわたっての開催です。
私自身、毎年とても楽しみにしている大イベント!

 

<日時>
10/7(土)15時~20時
10/8(日)10時~20時
10/9(月・祝)10時~19時

 

<場所>
神戸「メリケンパーク」

 

【注】こちらのイベントではジャグアタトゥーのペイントはありません。ヘナタトゥーのみになります。

 

 

今回も、大阪のAZUさんと、滋賀のちえこさんとともに皆様をお迎えいたします。
詳細はまた後日、お伝えいたしますね!

ナマステ・インディア、終了いたしました!

ナマステ・インディア、無事に終了いたしました! たくさんの方にお越しいただきまして、本当にありがとうございました!

私が東京で活動していたときの常連さま、ワークショップの生徒さん、そして友人たち…久々にお会いできた方たちもいて感激でした。

また、SNSでMehndi TARAを知っていただき、わざわざ遠方から来てくださった、はじめましての方も。

毎年ナマステ・インディアで、ハート*フールのブースでメヘンディを描いてもらうのを楽しみにしている、というお客さま。

ありがとうございました!

今回お声がけしてくださった、ハート*フールのスズケーさんはじめ、AZUさん、ちえこさん、ドライヤースタッフの、ふくこさんhttp://295thaiyogamehndi.blog.fc2.com/)、Kさん、ありがとうございました!

今ごろ、少しづつ発色しているころでしょうか。消えるまでの間、楽しんでいただけますように。

ナマステ・インディア ブース位置はこちらです

今週末の「ナマステ・インディア」、ハート*フールのブース位置の発表です。

「メヘンディ」と書かれたのぼりが目印です!

 

詳しくは、ハート*フールさんのブログへどうぞ。

 

ナマステ・インディア2017 予約方法と料金

東京で開催される「ナマステ・インディア2017」、いよいよ今週末です!

 

ご予約方法と、料金についてお知らせいたしますね。

詳しくは、ハート*フールさんのブログをご覧ください!

 

東京「ナマステ・インディア 2017」に参加します

9/23(土)24(日)に東京・代々木公園で開催される、日本最大級のインドフェス「ナマステ・インディア2017」が開催されます。
名古屋のハート*フールさんにお声掛けいただきまして、私も3年ぶりにゲスト参加させていただくことになりました!
東京から関西に拠点を移して3年。久々の東京でのお仕事にわくわくしております。
※今回はインドに特化したフェスということで、「ヘナタトゥー(メヘンディ)」のみの施術となります(ジャグアタトゥーはありません)。
詳細は追って、お知らせいたしますね。

新サロンについて

先日は、急なお知らせになってしまいすみませんでした^^;
私は流れの中で、勢いとノリで次々と舵取りしながら日々を過ごしていくことしかできないみたい…(計画するときは計画しますが…)

移転理由は、夏に向けてボディーアートの繁忙期に入っていくので、時間的にも精神的にも集中して描ける環境が必要だと判断したからです。ずっと迷っていましたが、意を決して行動に移しました。ただ、秋以降はまた自宅サロンの方に戻る可能性もあります。どちらにしても、新しい空間も居心地のいい場所にしたいです。

場所は、旧サロンのあった甲陽園駅の一つ手前、苦楽園口駅から徒歩約5分。旧サロンのときのような急な坂道がないので、徒歩で来られる方には断然、楽かと思います。

 

住所詳細は防犯上、非公開とさせていただきます。ご予約確定後にお知らせいたしますね。

お車でお越しの場合は専用駐車場がないので、近隣のコインパーキングのを使っていただくことになってしまいますが…

   

サロンが入っているのは、古い一軒家の建物です。

一階にあるカフェは私の行きつけのカフェがあります。

オーガニックに特化したカフェで、食事はもちろんドリンクやスィーツも豊富です。珈琲へのこだわりもすごい。決して身内びいきというわけでなく…おいしくて、体調も整う、ありがたい存在です。ぜひ施術の前後に、寄ってみてくださいね。

 

また、二階には二部屋あって、お隣は整体サロンさんが入っています。バキバキやる整体ではなく、優しい整体です。私自身、以前はかなりの胃弱体質だったんですが、何度か受けて胃弱から抜け出せた感じ。

 

苦楽園口までの乗換駅である夙川駅から苦楽園口駅にかけては、他にも面白いお店がたくさんあります。
この街の様子についても、いずれご紹介いたしますね。施術の行き帰りに、街歩きをぜひ楽しんでほしいです!

Mehndi TARA 新サロン

兵庫県西宮市
■苦楽園口駅から徒歩5分
■近隣コインパーキングあり


サロン移転のお知らせ

【サロン移転のお知らせ】

6/16(金)より新サロンに移転いたします。(秋までの一時移転かも)

今までは甲陽園にある自宅サロンを使っていたのですが、今度は阪急・苦楽園口駅から徒歩5分ほどのところ、自宅とは別の古い一軒家の中に移ります。

 

突発的なお知らせになってしまい、すみません^^;

詳細は次回ブログ記事でお知らせいたします。

名古屋でヘナタトゥーのワークショップ『メヘンディ・ブート・キャンプ』開催決定! 個別に施術のご予約も可能です!

2017年6月3日(土)4日(日)の二日間にわたり、名古屋のメヘンディ(ヘナタトゥー)・アーティスト、スズケーさんと、滋賀のちえこさんと三人でワークショップを開催します!
 
実は、ハート*フールさんでヘナタトゥーのレッスンやWSを受けられた方限定の先行予約があったのですが、すでにたくさんのお申込みをいただきました。残席も着々と埋まってきておりますので、お申込みはお早めにどうぞ!
 
また今回はワークショップ以外にも、別室にて個別にヘナタトゥーの施術を受けていただけますヘナタトゥーもジャグアも可能、施術料別途)。ワークショップに参加された方も、参加されない方(外部から)も、ご予約可能です。時間は両日とも11:30〜16:00(最終受付)になります。
施術のご予約は>>Mehndi TARAのこちらのフォームからメッセージをお送りください。
ワークショップのご予約は、以下の詳細をご覧いただき>>ハート*フールさんのご予約フォームからどうぞ!
 
---------------------------------------------------------------------------------------
 

【6月3日(土)・6月4日(日) メヘンディブートキャンプ】

1)9時半〜11時半【メヘンディ基礎講座】
講 師/TARA
参加費/5,500円 ※テキスト、当日使用するヘナ・フィルム付き
(+1,100円でスターターキット(ヘナパウダー40g、漉し器、混ぜやすい器、ヘラ)購入可能。
購入希望の場合は5月25日(金)中までにご連絡ください。)
ヘナパウダーの選び方からペースト、コーンの作り方まで、メヘンディの基礎内容を学べる講座です。
なぜヘナで肌が染まるのか、アフターケアなどについてもご説明します。
メヘンディは全く初めてという方も、この講座を受講することで、
ご自身でペーストを作ってメヘンディを始めることができるようになります。

2)12時〜14時【コーンを使っての基本的な描き方講座】
講 師/スズケー
参加費/5,000円 ※テキスト、コーン1本付き
メヘンディはコーンという道具を使って「絞り出しながら描く」という特殊な技法で描くアートです。
そして、綺麗なメヘンディを描くためには、このコーンの使い方に慣れることが大切です。
この講座では、コーンの持ち方からパターンを描く時の基本までを要点を押さえてみっちりお伝えします。
コーンという不慣れな道具を使って、より安定した線を引くことができるようになる講座です。

3)14時半〜16時半【モチーフの描き方講座
講 師/ちえこ
参加費/5,000円 ※テキスト、コーン1本付き
花、蓮、ペイズリー、クジャクなど、メヘンディでよく描かれる基本的なモチーフを、
より綺麗にバランスよく描くコツをお伝えします。
「こんな風に描くとモチーフが出来上がるよ」ということを丁寧にご説明するので
初心者の方でも簡単なワンポイントを自分で描けるようになりますよ!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■日 時/2017年6月3日(土)・4日(日)9:30~11:30、12:00〜14:00、14:30〜16:30
■場 所/愛知県名古屋市東区
(地下鉄「高岳」駅より徒歩6分、名古屋高速・東片端JCTすぐ)
■定 員/各講座15名
■お申し込み・お問合せ/下記フォームよりお願いします
http://www.mehndi.jp/entry/entry170604.html
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ご不明点などは、お気軽にお問い合わせくださいませ。
>> お問い合わせはこちらからどうぞ

 

2日間のうち、お好きな日にち・お好きな時間で、
自分が参加したいと思う講座を1つや2つ、単発で受講したり、
3つの講座全てをまとめて受講していただいたりできます。

2日間の開催になり残席ができたとはいえ、
お席は着実に埋まってきておりますので、
参加を検討されている方は、お早めにお申し込みくださいね。

これ以上の増席はありませんので、
これが最後のチャンスです!

■お申し込み・お問合せ/下記フォームよりお願いします
http://www.mehndi.jp/entry/entry170604.html


0 コメント

【施術エピソード】人生悔いなし

誰かに従うのではなく、自分のやりたいことを、自身の感性の赴くままに楽しもう------だって、人生いつどうなるかわからないんだから-----
今日は、そんな話をお客さんとした日。

今たくさんやりたいことがある!ジャグアタトゥーもずっとやりたかった!と、サロンを訪れてくださいました。

人生いつどうなるかわからない。なんとなく平和で順調だと思える時でさえも、変化は良くも悪くも突然降ってくる。それこそ人の身体なんてとても脆いもので、いつ絶えるかなんてわかりゃしない。身近な人の死や病気がきっかけで、改めてそう感じることがある。

人生が終わろうとしている時、「あれもこれもできなかった、なんてつまらない人生だったんだろう」と後悔するより、できる限りのやりたいことをやって、「ああ、それまですごく大変だったけれど、楽しいこともできた!この人生を生きることができて本当によかった!悔いなし!」と思えたらどんなに幸せか。

すべての望みが叶わずとも、今やれる最小限のことでもいい。「やっぱりやれない」ではなくて、「やりたい!」と思えれば、生きるエネルギーが湧いてくる気がする。

 

そんなことを想える状態になるまでは、きっと長い時間がかかるかもしれません。何かの束縛の中にいる間は、自分も周りも、見えにくくなるものです。けど、時がかかっても、いつか。日々の生活の中での様々な制約、慣習、束縛から抜け出して、自由になれたら。

その一つとしてジャグアを選んでいただけて、心底うれしいです。すごく生き生きとした笑顔を見せてくださった、今日のお客さま。
ジャグアが、新たな心の旅立ちのお守りになりますように!


Mehndi TARAとインド

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

お正月は映画三昧、そしてMehndi TARAの七年目がスタートしました。

 

2010年に自分のための遊びで始めたヘナタトゥーがこんなに続くなんて、当時は思いもよらなかったですねえ(当時はジャグアなんて超マイナーだったのでヘナタトゥーのみでした)。

 

しかしそもそも私、ヘナタトゥーには2001年、21歳の時にインドで出会っていたんですよ。そこまで遡って考えると、人生何がどう繋がるのかなんてわかんないもんですよね。生きてるってのはそういうことの繰り返しですね。

 

ずいぶん前の私のブログ(http://suryaputri.exblog.jp/)にも、私とヘナタトゥーとの出会いを書いたんですが、最後にインドに帰って来てからちょうど10年経った今年のお正月、ヘナとの出会いとインドのことを、もう一度振り返って書いてみようと思います。

 

ヘナタトゥー=インドの言葉で“メヘンディ”に出会ったのは、2001年インドのバラナシというガンジス川の畔の聖地でした。当時、バックパッカーとして二回目のインド放浪に来ていた私は、バラナシで沈没(旅人用語で長期間同じ土地に留まること)してました。不思議のな引力のある土地なんですよ。

 

目の前に景色・日常に、あまりに多様な人々がごった返し混沌としていて、神も動物も人も同じ場に存在していて(時には神さえも俗で、逆に神のような人もいる)、何が善きことで何が悪しきことなのかその境目も曖昧になるような、そんな場所でした。

 

長いこと同じ宿に滞在していると、同じく沈没組の旅人たちだけでなく、宿のスタッフやその家族とまで仲良くなることがあるんです。

ある日宿のオーナーの実家でお昼ご飯をいただくことになり、食後にオーナーのお母さんの部屋に招かれておしゃべりをして。「これはインドの女性が楽しむお洒落だよ」と、掌にヘナでレースのような繊細なインド模様を、手を休めることなくすらすらと、歌を歌うように描いてくれました。それがしばらく肌に留まって、手を観る度なんだかわくわくする、それが初のメヘンディ体験。

 

自分でも描いてみようと、街の雑貨屋でヘナを買って自分で描いてみたんですけど、その時は大してハマることもなく…。

しばらくして数か月滞在したバラナシを離れ、別の街へ移動したのでした。どうしてその時はハマらなかったのか、どうしてバラナシを離れたのかは全く覚えてないんですけど。たぶん、旅の最中によくある、感動的だったりエキセントリックだったりな出来事が巻き起こって、その流れに乗って土地と人生の流浪を再開したんでしょうね。

 

*******************

 

もう最後にインドを訪れたのは2006年。鮮明だった旅の記憶は今はだいぶ薄れてきていて・・・すごく面白かった!という記憶と、世の現実を突きつけられてモヤモヤするようなそんな感覚今もずっとはあります。


“インドで人生観が変わった”という人がいるけれど、20代の当時の私にはまだよくわかりませんでした(笑)十年たってようやく、メヘンディのみならずインドでの経験が、今の私の価値観を補強してくれているなーという実感が出てきたかなぁ。記憶が薄れる頃に事の本質が見えてくることもよくあることですね。

 

しかし、そのインドにもう一度行きたいか?と聞かれると、素直に行きたい!とは言えない…

 

どの国でもそうだけど、社会の現状によい点わるい点が両極端にあるわけで、インドではそれを日本以上に日常的に目にする。けれど「旅人」は結局のところ無責任な傍観者に過ぎないわけで、大金持って遊びに来る外国人を見る現地の人の視線が突き刺さることが多々あったから…

 

二度も長期でインドに行ったのでもうこれ以上、インドで自分の人生を考えてみた!なんてのんきなこと言っうてのもなー・・・と思ってしまったのも、インドから足が遠のいてしまった一つの要因です。(何かを習いに行くとか誰かに会いに行くとか仕事とか、具体的な目的があれば別だけど、自分探し的な旅はもうしないでしょう)

 

なんだか考えすぎてしまったけど、たまにはそんな現実逃避的な旅もいいんですけどね(笑)!↑のような視点を忘れなければ!ですけど。

 

*******************

 

私が日常としているこの日本にも、インドよりは見えにくくはなっているけれど、社会的な要因で困難の渦中にいる人たちはたくさんいる。インドも日本も、世界中のみんなが幸せに生きられますように!と、インドのことを思い出すたび、やっぱそこに考えが戻っていきます。

 

こうして今年もボディーアートの仕事ができることを、心底ありがたいと思います。

gender fluid(ジェンダー・フルッド・時により変化する性)モデルでアーティストのルビー・ローズ

ヘナやジャグアとはほぼ関係ないのですが…

私は、男とは?女とは?いったい何だろう…とよく考えることがあります。

 

Ruby Rose Break Free

https://www.youtube.com/watch?v=EFjsSSDLl8w

グアテマラの女性ラッパーは愛を謳い闘いを挑む

 

内戦で蔓延した暴力暴力の遺産が残るグアテマラで、音楽で表現し続ける女性ラッパー、レベッカ・レーン(Rebeca Lane)。

「私の卵巣には数百万のタマゴがある/それは、私が女っぽい、男より劣ってる、なんて意味じゃない」

VICE 

http://jp.vice.com/music/rebeca-lane-guatemala-interview

「”イケてる”インド女性のピンナップ」

かっこいい!

メヘンディがいっぱい!

 

インド系カナダ人女性画家が描いた、インド女性たちがめちゃかっこいいです!

 

この「Badass Indian Pinupsというシリーズ。

 

Badassとは英語で、「タフな」、「イケてる」、「ヤバい」などの意味なので、

訳すと「”イケてる”インド女性のピンナップ」てとこでしょうか。

 

自信を持って”性的に”解放された、インド人女性を表現しているそうです。

ここでいう〝性″は、女性の性役割としての〝性″も含みます。

 

描かれているほとんどの女性が、メヘンディとタトゥーを施しているー!

伝統的な服装に身を包んでるのに、堂々としている女性の姿は美しいです。

 

このシリーズは、2012年にインドで起きたレイプ事件を受けて、

Nimisha Bhanotさんにより、描かれたもの。

 

Nimishaさんはこう語っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

被害者女性に対し、夜間に出歩いたからレイプされたのだと非難する人たちが出てきたことに、私はとても怒りを覚えた。

 

Mohan Bhagwat(ヒンドゥー至上主義組織のチーフ男性)の、

 

『"バーラット"(ヒンディー語でインドの意、ここでは伝統的なインドを現す)が、

インディア"(欧米化されたインドを表す)になってきているために、レイプ事件は引き起こされたのだ。』

 

というコメントに憤慨した。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

インドでも日本でも、女性本人の自覚があろうとなかろうと、

個々の男性の良識がどうあろうと、社会全体の構造のなかでの女性扱いは、

男性に比べるとまだまだ低いものです。

そんなことない、と感じる方もいると思いますが…

 

その要因として、家父長制、男性優位社会の考え方が

根強く残っていることも影響しているわけです。

(特にインドは宗教的にも)

 

ここにある絵のどれもが、インドにおける

女性の扱われ方に対して皮肉っていて、その中でも私がぐっときた絵は・・・

(題名は私の訳です)

 

 

上から三番目

「カルバチョート(夫のために妻が断食するインドの行事)」

 

四番目

「ナーギニー(蛇の男神ナーガに対応する、蛇の女神)」

 

八番目

「あなたの意識のシワを、アイロンがけ」

 

一番好きなのは最後の

「家父長制なんて、ラグの下に掃き捨てちまえ」

 

どの絵の女性も、誰かに付き従うでもなく、生き生きとしててかっこいい!

インド文化に触れた人なら、さらに面白く見られると思います。

 

ただ、私は女性が男性の上に立つことを望んでいるわけではない、

ということを、男性女性共に誤解せずにいてほしいですね。

 

そして私は、男性が男性として生きるが故の苦しさも、たくさん目撃してきています。

 

男性、女性問わず、あらゆる性別(男性・女性ではない性も含む)で生きる人が、

自由に、安全に、生き方を選択し、人生をまっとうできたらいいのに、と願うばかりです。

ジェンダーに囚われない下着づくりに取り組む「Play Out」

私が描くヘナやジャグアは、中性的だね、とよく言われます。

私としては、TARA的、に描いています。

 

ジェンダーに囚われない下着づくりに取り組む「Play Out

 http://greenz.jp/2015/08/08/playout_underwear/

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

back ground photo by yamsai