ヘナ/ジャグアタトゥーを濃く染める・長持ちさせるコツ

より濃く染めて長持ちさせるには、染色成分を肌の角質層奥深くまでしっかりと浸透させることが大切です。施術前後のお手入れ方法をまとめました。ぜひお試しください!

 

■サロンにお出かけ前のお手入れ■

 

保湿

乾燥した肌よりも、潤いのある肌の方が断然、綺麗に濃く染まります。予約前日・当日は特に保湿を意識すると効果的です。

 

描く部分や体全体を温めておく

染色成分は、体温・気温が高いほどよく作用します。夏場は冷房で体を冷やし過ぎないようにし、寒い季節は温かいものを飲んだりして体の中から温めるのも効果的です。いちばん効果的なのは、施術前に描く部位をカイロで温めておくことです!

 

 

■ペイント後は■

できるだけ長くペーストを乗せておく

色素が浸透するまで、ヘナは4~6時間、ジャグアは2時間~6時間、しっかり待ちましょう。

 

描いた部分や体を暖めておく

体温・気温が高いほど染色成分がよく働きます。寒い季節は暖かいものを飲んだり、部屋を温めるなどして体を冷やさないようにしましょう。最も効果的なのは、絵の全体をまんべんなくカイロであたためることです。ただし、汗をかかないようにご注意を。

 

■染まった後は■

とにかく触らず、肌を優しく扱うことが大事です!

 

摩擦を避ける

ボディーアートは肌の角質層に染まっているので、入浴時はタオルで擦らないよう手で優しく洗うようにしてください。服の締め付けでも摩擦が起きるので、ゆるめの服を着るのがベターです。

 

水濡れを避ける

入浴時は湯船からペイント部分を出して入るとよいです。もしできたら、入浴の前にペイント部分にオイルを塗って水をはじくようにすると長持ちします。オイルはワセリンがとても効果的です!(抵抗が無ければ)オリーブオイルなど食用のものでも構いません。肌に馴染むものよりも、べっとり油膜を張ってくれるタイプのオイルが効果的です。また、プールに入ると塩素により早く消えてしまいます。

 

汗をかきすぎない

運動や長風呂などで多量の汗をかくと、少し消えるのが早くなります。

 

 

保湿する

肌が乾燥すると肌が擦れて傷つくため消えるのが早くなります。クリームなどを塗るときは、擦らずぽんぽんと優しく塗るようにしてください。

早く消すには

ヘナタトゥーとジャグアタトゥーをすぐに消すことはできません。皮膚の角質層を染めることで模様が出来上がるので、新陳代謝とともに垢として自然に落ちていくためです。少しでも早く消したい場合は以下のことをお試しください。ただし、肌を傷めないよう十分にご注意ください。

 

・ペイント後、時間をおかずにすぐ洗い流す

・入浴時にタオルなどで意識的にこする

・ピーリングジェルを使用する

 

どうしても隠したい場合は…

「ファンデーションテープ」というタトゥー隠しシールが通販で入手できますので、ご使用ください。