Mehndi TARAとインド

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

お正月は映画三昧、そしてMehndi TARAの七年目がスタートしました。

 

2010年に自分のための遊びで始めたヘナタトゥーがこんなに続くなんて、当時は思いもよらなかったですねえ(当時はジャグアなんて超マイナーだったのでヘナタトゥーのみでした)。

 

しかしそもそも私、ヘナタトゥーには2001年、21歳の時にインドで出会っていたんですよ。そこまで遡って考えると、人生何がどう繋がるのかなんてわかんないもんですよね。生きてるってのはそういうことの繰り返しですね。

 

ずいぶん前の私のブログ(http://suryaputri.exblog.jp/)にも、私とヘナタトゥーとの出会いを書いたんですが、最後にインドに帰って来てからちょうど10年経った今年のお正月、ヘナとの出会いとインドのことを、もう一度振り返って書いてみようと思います。

 

ヘナタトゥー=インドの言葉で“メヘンディ”に出会ったのは、2001年インドのバラナシというガンジス川の畔の聖地でした。当時、バックパッカーとして二回目のインド放浪に来ていた私は、バラナシで沈没(旅人用語で長期間同じ土地に留まること)してました。不思議のな引力のある土地なんですよ。

 

目の前に景色・日常に、あまりに多様な人々がごった返し混沌としていて、神も動物も人も同じ場に存在していて(時には神さえも俗で、逆に神のような人もいる)、何が善きことで何が悪しきことなのかその境目も曖昧になるような、そんな場所でした。

 

長いこと同じ宿に滞在していると、同じく沈没組の旅人たちだけでなく、宿のスタッフやその家族とまで仲良くなることがあるんです。

ある日宿のオーナーの実家でお昼ご飯をいただくことになり、食後にオーナーのお母さんの部屋に招かれておしゃべりをして。「これはインドの女性が楽しむお洒落だよ」と、掌にヘナでレースのような繊細なインド模様を、手を休めることなくすらすらと、歌を歌うように描いてくれました。それがしばらく肌に留まって、手を観る度なんだかわくわくする、それが初のメヘンディ体験。

 

自分でも描いてみようと、街の雑貨屋でヘナを買って自分で描いてみたんですけど、その時は大してハマることもなく…。

しばらくして数か月滞在したバラナシを離れ、別の街へ移動したのでした。どうしてその時はハマらなかったのか、どうしてバラナシを離れたのかは全く覚えてないんですけど。たぶん、旅の最中によくある、感動的だったりエキセントリックだったりな出来事が巻き起こって、その流れに乗って土地と人生の流浪を再開したんでしょうね。

 

*******************

 

もう最後にインドを訪れたのは2006年。鮮明だった旅の記憶は今はだいぶ薄れてきていて・・・すごく面白かった!という記憶と、世の現実を突きつけられてモヤモヤするようなそんな感覚今もずっとはあります。


“インドで人生観が変わった”という人がいるけれど、20代の当時の私にはまだよくわかりませんでした(笑)十年たってようやく、メヘンディのみならずインドでの経験が、今の私の価値観を補強してくれているなーという実感が出てきたかなぁ。記憶が薄れる頃に事の本質が見えてくることもよくあることですね。

 

しかし、そのインドにもう一度行きたいか?と聞かれると、素直に行きたい!とは言えない…

 

どの国でもそうだけど、社会の現状によい点わるい点が両極端にあるわけで、インドではそれを日本以上に日常的に目にする。けれど「旅人」は結局のところ無責任な傍観者に過ぎないわけで、大金持って遊びに来る外国人を見る現地の人の視線が突き刺さることが多々あったから…

 

二度も長期でインドに行ったのでもうこれ以上、インドで自分の人生を考えてみた!なんてのんきなこと言っうてのもなー・・・と思ってしまったのも、インドから足が遠のいてしまった一つの要因です。(何かを習いに行くとか誰かに会いに行くとか仕事とか、具体的な目的があれば別だけど、自分探し的な旅はもうしないでしょう)

 

なんだか考えすぎてしまったけど、たまにはそんな現実逃避的な旅もいいんですけどね(笑)!↑のような視点を忘れなければ!ですけど。

 

*******************

 

私が日常としているこの日本にも、インドよりは見えにくくはなっているけれど、社会的な要因で困難の渦中にいる人たちはたくさんいる。インドも日本も、世界中のみんなが幸せに生きられますように!と、インドのことを思い出すたび、やっぱそこに考えが戻っていきます。

 

こうして今年もボディーアートの仕事ができることを、心底ありがたいと思います。